FC2ブログ

スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
桜の咲く頃に
2015/03/28/ (土) | edit |
おはようございます。

桜が咲き始め、いよいよ爛漫の春ですね!

お蔭様で四月に、新刊を上梓致します。

『浜中刑事の妄想と檄運』(南雲堂)という題名で、
その名のとおり、群馬県警の浜中刑事が主役です!

発売が近づきましたら、詳細をお知らせ致します。
浜中刑事の活躍にどうかご期待くださいませ!

気温の差が激しいですね。みなさまご自愛ください。

スポンサーサイト
『呪い殺しの村』サイン本のお知らせ
2015/02/25/ (水) | edit |
おはようございます。

とても有難いことに

ときわ書房本店様(船橋駅前)
八重洲ブックセンター八重洲本店様(東京駅 八重洲南口)

が、『呪い殺しの村』(双葉社)のサイン本を置いてくださいました!
ぜひ、お立ち寄りくださいませ。

なお、数に限りがございます。
売り切れの際は、どうかご容赦ください。

P_20150224_135429.jpg

P_20150224_150608.jpg

↑「男祭り」でございました!!
呪い殺しの村
2015/02/17/ (火) | edit |
お蔭様で拙著『呪い殺しの村』(双葉社)が、今週発売になります!

呪い殺しの村


東北の寒村、不亡村。
そこには江戸の昔から千里眼、予知、呪殺という「三つの奇跡」を、自在に操る一族がいました。
とある理由から海老原浩一は、「三つの奇跡」の謎を解くため不亡村へ赴きます。
しかしその頃東京では、不亡村の出身者が、相次いで不可解な死を遂げていたのです。
不亡村には「八岐の岩屋」と呼ばれる迷宮があり、村人から禁忌されているその場所にこそ、事件の謎を解く鍵がある。
そう思い、海老原浩一は「八岐の岩屋」へ入ろうとします。
けれど――。

「下手に動くとお前さんたち、死ぬよ」


渾身の書下ろし長編です!
ぜひお手に取ってください。
おはようございます。
2015/02/15/ (日) | edit |
昨日のバレンタインデーは、ほぼ何ごともなく過ぎました。
バレンタインデーを意識するようになったのは、小学五年生ぐらいの頃かな。
ものを贈ったり貰ったりって、いいですよね。

僕は贈り物を選ぶのが好き!
お送りする方の笑顔を想像しつつ、どれにしようかな? と考えるのがすごく楽しい。

さて、お蔭様で『呪い殺しの村』の発売が近づきました。
近々詳細をお知らせ致しますね。

残寒厳しき折、どうかみなさまご自愛ください。
光の春
2015/02/01/ (日) | edit |
おはようございます。
今日から二月、光の春です!
もうすぐ立春、わくわくしますね。

お蔭様でこの二月、新刊を上梓致します。
海老原シリーズの新作長編でして、
題名は『呪い殺しの村』となります!

二月二十日前後の発売になると思いますので、
近くなりましたら色々と、お知らせ致しますね。

どうかよろしくお願い致します。

風邪などにお気をつけください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。